横浜の風景

ブログ

2019年8月10日

Morning Routine

アイキャッチ画像 ライフスタイル

モーニングルーティンとやらを公開するのが最近の流行りなようで。そんなに他人の朝の過ごし方に関心はないけれど(でもRolandの朝の様子は見てみたい笑)、誰であっても、「人様に見せられるような素敵な朝の過ごし方をする」っていうのはQOL向上に良いことなんじゃないかなーとは思う。

まあ僕は芸能人でもなければYouTuberでもないので、誰が興味あるねんという感じだろうが、自分自身がだらけないためにも、ちょっと書いてみることにする。

齋藤は、基本的には23時寝の5時半起き。寝る1時間前にはスマホを封印。目覚ましはかけない。子どもが起きて家のものをゴソゴソいじり出すので危機感から目が覚める(朝担当)。

大人2人は、オートミールと切ったバナナに豆乳をかけて温めたものに蜂蜜をかけて食べる。毎朝ほぼ例外なくこれ。僕が作るときもあれば妻が作ってくれることもある。お互い味の好みが違うので日によって違った感じになって面白い。

イセザキモールの南蛮屋で買ったコーヒー豆を、ナイスカットミルで挽いてコーノ式のハンドドリップで淹れる。そろそろネルドリップも挑戦したいなと思いつつ、いまだにペーパードリップ。

絵本を読んだり洗濯物を干したりゴミを片付けたりして、7時半に家を出る。8時には事務所に着く。

事務所に着いたら換気して、祭壇にお祈りして、パソコンを……まだつけない。その前に、アイキャッチの写真のように相談室奥のスペースにヨガマットを敷く。全身の自重ストレッチのあと自重筋トレをして、瞑想。ブラインドを少し開けると外から見られずに太陽の光だけしっかり入ってくるから、太陽を浴びながら雑念まみれの瞑想タイム。雑念のほとんどは「天馬のカレーパン食べたい」とか「キムラヤベーカリーのカレーパン食べたい」とか、そんなところである(どちらも美味しい〜の。伊勢佐木〜野毛エリアにお越しの際は是非)。小麦の摂取を極力控えている今、禁断症状のように沢山のカレーパンが頭の中で宙を舞っている。

そんなカレーパンマンは瞑想を終えるとヨガマットを片付けてパソコンを……まだつけない。ジェフ・オルソンの「スライトエッジ 」に影響されて、毎日30分、苦手な(詳しくない)法律分野の実務の勉強をしている。これはここ最近始めたばかりなので全然偉そうなこと言えない。10年、20年後に振り返って効果を実感したいところ。

それが終わってようやくパソコンの電源を入れる。9時半前。この時間にちょうど事務員さんが出勤する感じ。

もちろんこれは原則のルーティンなので、日によって違うけれども、たとえ退屈でもルーティンをしっかりこなすことが一番充実感を得られる方法なんだと最近ようやく実感できている。刺激的な生活をしようと思って色々やってみても、結局は自律神経も乱れるし、振れ幅が大きすぎてどうにもパフォーマンスが下がる。

何でもないような事が 幸せだったと思う

まさにこれである。第何章まであるんだったっけ。




saitoyuta
弁護士

横浜・桜木町を拠点に活動する弁護士。5年3か月の勤務弁護士時代を経て独立開業。一児の父。精通分野は交通事故(被害者側)。

私が大切にしていること