横浜での交通事故弁護士

500件以上経験実績

横浜で交通事故弁護士をお探しの方へ
賠償金最大化を目指すのは当たり前。

その先を追求しています。

500件以上の案件を受任・解決してきた経験と実績

弁護士登録をしてから5年3ヶ月の間、交通事故被害者側で名の知れた弁護士法人の横浜事務所において、多数の交通事故案件を扱ってきました。被害者側だけで500件以上の案件を受任・解決し、裁判も数え切れないほど経験しました。交通事故弁護士の広告を見ていると、どの事務所も、賠償金がいくら上がったかを図にして強調しています。しかし、事案は一つひとつ違います。もとの提案が何倍になったとか、それは後遺障害の評価が変わったり過失割合が変わったりすれば十分にあり得ることなのです。それぞれ前提が違うので広告の数字を見ても意味はありません。ましてや赤い本基準に沿った形で賠償請求をすることなど、正直、よっぽど知識のない弁護士でなければ、どんな弁護士でもできます。被害者側を何百件も扱ってきた弁護士としては、交通事故弁護士に必要なのは賠償額を増額することだけではなく(経済的利益を最大化することを目指すのは弁護士として当然です)、業界の慣習を理解した上での保険会社との円滑な交渉能力、労災保険や人身傷害保険、健康保険など様々な保険制度が絡み合う中での最適な方針の決定力、依頼者のニーズを的確に汲み取り速やかに主張するスピード感、そしてなにより裁判を含む多種多様な事案の経験だと思います。この事案は裁判までいけばこういう内容で和解できそうだ、後遺障害の異議申立が通る可能性はこのくらいありそうだ、判決となればこうなる可能性が高い、そういった判断は経験がなければできません。教科書通り話が全て進むわけではありません。

そのにこだわる理由

また、犯罪被害者支援にも力を入れて取り組んできた関係で、両者の中和点である交通事故の刑事裁判への被害者参加には精通していると自負しております。死亡事故や重度後遺障害事故の場合は刑事裁判になる可能性が高いですが、弁護士による被害者側の法的サポートは必要不可欠であると日々実感しています。最初から最後まで手厚くサポートいたしますので、ご安心ください。

多数の案件を経験することによって、思考がルーティン化していくのではなく、むしろその全てが違う事案であると気づけたことは財産だと思っています。お客様の思いやニーズ、こだわりや考え方は一人ひとり違います。賠償金増額のことばかり考えていると、そこを見落とします。私は、賠償金最大化を目指すのは当たり前だと思っています。依頼を受ける以上、置かれた状況の中で経済的利益の最大化をまず目指すのは当然です。だからこそ、その先にこだわれるのです。

個人事務所ならではの
スピーディーかつシームレスな対応

在籍していた法人では大量の案件の経験を積むことができましたが(レベルの高い組織で修行できたことを誇りに思っています)、一方で持ち前のスピード感を発揮できないことにもどかしさを感じていました。独立開業した現在は、優秀な事務局が1名おりますが、事件の対応は全て私が一人で行っています。誰のせいにもできない、言い訳のできない環境で、健康管理にも最大の注意を払いつつ、お客様の気持ちの流れに寄り添いながら、迅速かつ的確にサポートさせていただきます。個人事務所ならではのスピーディーかつシームレスな対応を感じてください。

偉そうに述べてしまいましたが、私もまだまだ研鑽が必要な身です。謙虚にコツコツと邁進していきたいと思っています。目指すところは、「巧遅」でも「拙速」でもない、「巧速」です。

まずはお気軽にお問合わせください

セカンドオピニオンも歓迎アイコン

セカンド
オピニオンも歓迎

初回相談無料アイコン

初回相談無料

相談アイコン

土曜日、平日
18時以降も可

セカンドオピニオンのご相談も歓迎です。今ご依頼の先生のことを貶すようなことは絶対にしません。これは私の矜持です。その先生のお考えも尊重しつつ、冷静に、私の考えを述べさせていただきたいと思います。

初回相談は無料、土曜日や平日18時以降の相談も行なっておりますので、お気軽にお問い合わせください。なお、相談予約時に簡単にご事情はお伺いしますが、対面相談を原則としており、電話相談は行っておりませんので、ご了承ください。

営業時間中はお電話(045-315-5200)でのお問合せも可能です。
弁護士も事務局も不在の場合は留守電となりますが、メッセージを入力していただけましたら、可能な限り速やかに折り返しご連絡させていただきます。