横浜の風景

ブログ

2022年5月10日

思い出のキャロライナ

アイキャッチ画像 演奏動画

無性に弾き語りたくなった曲をサクッと。

James Taylorを弾き語ると心が洗われる。

ギターと空間とひとつになれる。

ずっと歌っていたくなる。

ずっとギターを爪弾いていたくなる。

そして、英語が上手くないことを悔やむ。笑

きっと澄んだ気持ちになると思うので良かったら聴いてください。

James Taylorを弾き語ると、ただ生き続けたくなる気持ちと、ただ消えたくなる気持ちが同居する不思議な感覚に包まれる。

この感覚こそが陰陽が調和する最高のリラクゼーションだ。

彼はこんなに牧歌的な美しい曲を歌うけれど、波瀾万丈な人生で破滅的だったしいろいろ苦しんだようだ。

Fire & RainやRainy Day Manなどを聴くとよくわかる。

すきま時間にただカジュアルに弾き語ることが恐れ多くも思う。

同時に、カジュアルに弾き語れることをありがたくも思う。

自分の呼吸にもう一度耳をすませよう。

俺は生きている。


saitoyuta
弁護士

横浜・桜木町を拠点に活動する弁護士。弁護士9年目。5年3か月の勤務弁護士時代を経て独立開業。精通分野は交通事故(被害者側)。水瓶座O型。

弁護士紹介