横浜の風景

ブログ

2019年6月23日

Break of Dawn

アイキャッチ画像 情景

朝4時前の山下公園。

誰もいない。

一人を除いては。

ブロンドでポニーテールの北欧出身っぽい女性がベンチに腰掛け、イヤホンマイクをつけて大声で話している。何語かもわからない。現地の友達と話すからこの時間なのだろうか。

早朝の凛とした空気の中で、彼女の存在は、この空間の横軸を水平線を越えて遥か彼方のヨーロッパまで押し広げた。

ここがどこかもわからなくなる。ムクドリが大勢で鳴いている。

水平線を見ながらベンチでコンビニの菓子パンを頬張る。家族は家で寝ている。音が鳴らないように鍵を閉めるのは得意なほうだ。男は現実逃避が好きだという。

自分の放浪癖にはほとほと呆れ果てる。中高時代、嫌なことや思いつめたことがあるとすぐに遠くまで行ってしまっていた。あてもなく電車に乗り、よくわからない駅で地元民ヅラをしてふらふらと降りて、目的もなく歩き回ることも多かった。

何かを得られたのかといえば、自信がないし、何を得られるのか都度自問できるような人はそもそも放浪しない気もする。

Do As Infinityの「Break of Dawn」のイントロがふと頭に流れ始めた。何かが始まっていくような予感がする。

夜明けはいつ来るのだろう。



saitoyuta
弁護士

横浜・桜木町を拠点に活動する弁護士。5年3か月の勤務弁護士時代を経て独立開業。一児の父。精通分野は交通事故(被害者側)。

私が大切にしていること