横浜の風景

ブログ

2019年12月1日

桜紅葉

アイキャッチ画像 情景

恥ずかしながら、今まで、桜が紅葉することを知らなかった。

事務所から見える大岡川は桜の名所。ふと仕事中に川を見ると、真っ赤に染まったソメイヨシノ。

30年以上も生きてきたのに。桜が紅葉することも知らなかった。

地下の暗いライブハウスで苦悶しながら過ごしていた頃。勉強仲間もいなくてろくに外に出ずに引きこもりのように司法試験の勉強をしていた頃。立派なビルで横浜の海も街も見渡せる場所で働いていたのに、桜の木も落ち着いて見ることができなかった頃。

今ようやく、自分は生きている気がしている。

土曜日。平日に終わらなかった仕事をひたすらこなす。朝から晩まで、事務所にこもって、ナッツとアーモンド小魚をつまみながら。

自分の仕事が辛いとも大変とも言うつもりはない。もっと大変な仕事なんて腐るほどある。でも、決して、ストレスのない仕事ではない。

人それぞれに正義と道理があるから、理不尽とも非常識とも言うつもりはない。ただ、悲しくなったり虚しくなることはある。

へとへとになった。今日やるべきことはやった。でもこれでいいのか、本当にやりきれたのか。わからないけど、わからないことを考えてもしょうがない。さすがに少しお腹が空いたな。寒いしなんだかトロトロしたチーズが食べたいな。コンビニでピザまんでも買おうかな。

ピザまん食べるのいつぶりだろう。コンビニ店員をしていた頃だから10年以上も前だな。あの頃ピザまん好きだったな。

そんなことを考えながら、冷え込んだ夜に、この桜並木を歩きながら、近くのコンビニまで買いに行く。ピザまんはなくて、代わりにチーズカレーまんという魅惑の品がひとつだけ置いてあった。

街灯に照らされた桜並木の下で、チーズカレーまんを食べた。こういう時、涙が出てきたらドラマみたいなのかもしれない。けれど、本当に自分のことで泣けない体質で。人のことで涙が出そうになることはあるけれど、自分なんかのことで泣かない。

こういう時に思い切り泣けたら気持ちいいのかな。

でも、泣こうとも思わず、涙も出てこないで、ただただチーズカレーまんうめーって思っている自分が好きだったりする。

あっという間に師走に突入。頑張っていこう。


saitoyuta
弁護士

横浜・桜木町を拠点に活動する弁護士。5年3か月の勤務弁護士時代を経て独立開業。一児の父。精通分野は交通事故(被害者側)。

私が大切にしていること