横浜の風景

ブログ

2020年1月4日

新年初「ととのいました」

アイキャッチ画像 雑感

三が日はあっという間に過ぎていった。このブログを読んでくださっている方々はどのような正月を過ごされただろうか。

このブログは思ったよりも読んでくださっている方が多くて、全く面識もない方が検索でたどり着いて見てくれることもあれば、私の依頼者様も読んでくださったりしている。

一般に、争い事があるときは、争ったまま年を越したくはないから、年内に話をまとめようとすることは多くて、自分もなるべくそのように尽力するのだけれど、安易な解決はできないから、結局まとまらないまま年末年始に突入してしまうケースも少なくない。

そんな場合でも、どうか三が日くらいは、新年特有の澄み切った空気の中で、心穏やかな時間を過ごしていただけていたらいいなと思う。

自分はというと、元日は久々に教会に行き元旦ミサにあずかり(先日のクリスマスは平日でミサの時間が遅く、子どもが寝る時間だったため行けなかった)、2日はみなとみらいの万葉倶楽部でまったりし、3日は野毛山動物園に行ってきた。

万葉倶楽部は去年の元日に初めて行ってすっかり気に入ってしまい、何度でも来ようと思って会員登録するも、結局丸一年行けずに年が明けてしまったという(笑)ことで、今後は年始の恒例行事になりそうな気がする。横浜の景色を一望できるし、温泉旅行にでも行った気分を手軽に味わえるから、おすすめである。食事もなかなかに美味くて、大人だけでゆったりするにも良い。一人で来ても絶対良いと思う。

で、まだ大浴場に入れない子どもを妻と交互に見ながら、最近なかなか行く機会がなかったサウナに久々に入る。ハーブサウナ12分+水風呂1分半+休憩を2セットできっちり「ととのいました」。

新年に「ととのいました」といっても、なぞかけではない。サウナをきっちりこなすと、自律神経がシャキッと整って、疲れも取れるし、視界がクリアになるのだ(これはマジで)。

いつもは3セットだけど、新年でめちゃめちゃ混んでいたのと妻を待たせているのもあり、2セットで。それでも十分気持ちよかったし、待っていてくれた家族に感謝。

一時期は男性専用の街のサウナにふらっと行ってととのえていたりしたけれど、まあなかなかになかなかなところもあったりして(笑)、自然と行かなくなってしまっていたのだけれど、サウナはやっぱりいいなあと。

たまにこうして家族でスパに行ったときに楽しむ、「休日サウナー」くらいが自分にはちょうどいいかもしれない。

土日に実家でゆっくりしたら、もう仕事始め。平成最後にギリギリ開業した我が事務所も、あっという間に令和2年に突入。無理に急がず、歩みは止めずに、コツコツ頑張っていきたい。


saitoyuta
弁護士

横浜・桜木町を拠点に活動する弁護士。5年3か月の勤務弁護士時代を経て独立開業。一児の父。精通分野は交通事故(被害者側)。

私が大切にしていること