横浜の風景

ブログ

2020年3月29日

インセンス

アイキャッチ画像 ライフスタイル

とてもセンスの良い友人が、誕生日プレゼントにお香をくれた。これまたとっても洒落ていて、色々な香りのセットで、お香立てもついていて。タバコを吸わないから久々にライターを買って、毎日のように香りを楽しんでいる。

朝、ヨガやランのあとにソファに座って新聞を読みながらクリアな香りを焚くこともあれば、営業時間終了後に、スモーキーな香りを焚きながら物思いにふけることもある。

そういえば学生時代に研修でお世話になった丸の内の由緒正しき法律事務所のベテランの先生の個室で、いつもお香の良い香りがしていたなと思い出した。

今の事務所の相談室は、木の温もりも取り入れたcozyな雰囲気で、開業以来ずっとモーツァルトのヴァイオリンソナタ(バレンボイム×パールマン)4枚組CDを代わる代わる流している。

けれど執務室は白を基調にしたアーバンで無機質な感じなので、クラシックじゃなくてもっとモダンなBGMを流したいなと思い、最近、BOSEのBluetoothスピーカーを購入した。音質もいいし、Spotifyでその時の気分に合ったプレイリストを選んで流せるから、大正解の買い物だった。

ミニマル+アンビエントは最近のおしゃれカフェの一つの潮流であるように思う。前に「基地」という記事で紹介した、門司港のCONZE BLANCなんかもそんな感じだ。

無駄がなくクリアで張り詰めていて、でもシルクのように優しくて柔らかい時間が流れていて、宇宙的な広がりも感じる。そういう一見アンビバレントな空間にいつも身を置きながら仕事をしたい。

イメージは、お世話になった先生の個室のあの「格調高い法律事務所のお香」ではなくて、「モダンで宇宙的な広がりを持ったインセンス」。

香りと音楽の調和で世界を作っていければ、自然と身が引き締まってくるし、執務室も記録もしっかりと整理しようという気持ちになる。

自分はつくづく感覚派だなと思う。


saitoyuta
弁護士

横浜・桜木町を拠点に活動する弁護士。5年3か月の勤務弁護士時代を経て独立開業。一児の父。精通分野は交通事故(被害者側)。

私が大切にしていること